京都市・八幡市・宇治市
軽トラック修理・塗装

販売・修理・塗装・車検(有)フリーマーケット123(ワンツースリー)

【 TRUCK123 中古トラック・ダンプ・クレーン販売・塗装・修理 】 


  1. TRUCK123 トップページ

    トラック架装のお問合せについて

    トラック架装問合せ用紙(FAX用)

    買取査定

    買取査定に必要な事項

    買取査定用紙(FAX用)

    買取の流れの説明

    中古トラック販売情報

    フリーマーケット123 会社情報

    トラック・商用車のチェック項目について

    再生トラックを1日からレンタル致します、ご相談ください!!
    1日レンタルトラック
    取扱車種は高所作業車・クレーン・ダンプ等

    小型トラック基礎知識(平ボデイ・アルミブロック)

    小型トラック基礎知識(ダンプ)

    小型トラック基礎知識(ドライバン・アルミバン・ウイング)

    中型トラック基礎知識

    ローコストで再生トラックを提供します
    お客様の必要とされる車をコストを削減し低価格でインターネットを通じて大阪より全国へ提供致します。
    販売中の一覧、クリックしてください。
    @ トラック 

    平ボディ 販売情報検索 アルミブロック等

    バン 販売情報中古トラック車種別検索

    ウイング 販売情報検索

    クレーン 販売情報検索 UNIC・タダノ・新明和等

    ダンプ 販売情報検索 極東・新明和等

    冷凍車 販売情報検索 低温・中温・スタンバイ等

    Wキャブ 販売情報検索


    @ 特殊車両

    高所作業車 販売情報検索 アイチ・新明和等

    パッカー・塵芥車 販売情報検索 プレス・巻込み等

    穴掘建柱車検索 販売情報

    キャリアカー・車両運搬車 販売情報検索 フラトップ・スライド

    重機運搬車・積車 販売情報検索 ハイジャッキセルフ・スライド

    バキュームカー 販売情報検索

    ユンボ 販売情報検索 パワーショベル・バックホウ

    フォークリフト 販売情報検索

    アームロール 販売情報検索

    散水車 販売情報検索

    PG・パワーゲート 販売情報検索

    ミキサー 販売情報検索

    高圧洗浄 販売情報検索


    @ 軽バン

    軽バン 販売情報検索


    @ 車種検索 車とトラック

    ベンツ 販売情報

    BMW 販売情報

    トヨタ 販売情報

    日産 販売情報

    ホンダ 販売情報

    三菱 販売情報

    スバル 販売情報

    ダイハツ 販売情報

    スズキ 販売情報

    ヒノ 販売情報

    イスズ 販売情報

    マツダ 販売情報

    レクサス 販売情報

    ハイブリッド車・低燃費 販売情報

  2. 平ボデイ・バン・ウイング・冷凍車・クレーン・ラフター・重機運搬車・ ダンプ・アームロール・ロールオン・バキュームダンパー・タンク車・ 穴掘建柱車・高所作業車・高圧洗浄車・散水車・工作車・レッカー車

  3. ●各種ローン・リースも取り扱いをしております。ご相談ください。
    ●ご来店での車両の見学可能です、事前にお電話くださいます様にお願いします。
  4. 検索用 車種別販売情報一覧 詳細写真あり

  5. ●当社は良い商品を、コストを省いてより安くお客様にご提供いたします。

  6. ●当社にて整備・架装・修理・車検を行う事が出来ます。
    ●当社は業販可能です、どうぞお問い合わせください。

  7. ★ 中古トラック販売 TRUCK123 FACEBOOK ご参考にどうぞ!! ★

    毎日、各種情報を発信しています。


  8. ローコストで再生トラックを提供します。
    お客様の必要とされる車をコストを削減し低価格でインターネットを通じて大阪より全国へ提供致します。
    当社は、当たり前の事を当たり前に日々コツコツと行い、前へ進んでいきたいと考えています。
    お客様が安心してお仕事で使えます様に、誠意を持って整備・修理・塗装等の再生作業を行いトラックをリユース出来るようにしています。
    当社は業務を通じ、社員、家族、地域の皆様、お客様に笑顔が続く様に、日々努力してまいります。

  9. ●当社の車両は、基本、整備をしてありますので安心してお乗り頂けます。
    ●当社には1年保証などはございませんが、道義的なものは対応し、 お客様に納得頂けるように対応をしております。

  10.   (有)フリーマーケット123 TRUCK123 GOOGLE+  

      中古トラック販売 GOOGLE+  

      TRUCK123 (有)フリーマーケット123 GOOGLE+  

      クレーン修理・架装・取付・特定自主検査 GOOGLE+  

    最大安定傾斜角・最小回転半径・最大積載量の基礎知識

    クラッチとオートマチックの基礎知識

    トラッククレーン・ラフター・ホイールクレーンの基礎知識

    クレーン(CRANE)の種類の基礎知識

    セミトレーラの基礎知識

    トラクタ・トレーラの基礎知識

    重ダンプの基礎知識
販売・修理・塗装・車検(有)フリーマーケット123(ワンツースリー)  E-mail: kume@truck123.co.jp
〒576-0017 交野市 星田北 6-4345-2
TEL: 072-894-0020  FAX: 072-894-0019    担当: 久米 (090 3991 7101)

エンジンオイル交換


エンジンオイルの交換を行う場合、古いオイルの排出、新しいオイルの注入、オイル量のチェックの順で行う。古いオイルの排出には、エンジンオイルのレベルゲージより手動または電動のオイルポンプでオイルを排出する方法と、エンジン底部のオイル・パン排出口からオイルを排出する方法の2通りがある。それぞれの場合のエンジンオイル交換方法は以下の通り。
エンジン上部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
エンジンオイル・レベルゲージを抜き、その穴よりオイルポンプのチューブをオイルパン底まで差し込む。
ポンプを動かし、オイルが無くなるまで吸引する。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認する。
エンジン底部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
カーリフトで作業しやすい位置まで持ち上げる(一般に身長程度)。
オイル・パンのドレーン・プラグを外し、古いオイルを排出する。
ドレーン・プラグのガスケットを新品に交換する。
オイルの排出が終了したら、オイル・パンのドレーン・プラグを閉め、規定トルクで締付ける。
リフトを下げ、車体を下ろす。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認すると共にオイル漏れの有無を確認する。
エンジン上部からオイルを排出する場合、エンジン底部からオイルを排出する場合、いずれの場合も、エンジンオイル・フィラーキャップを先に外しているが、これは「オイルの排出は出来たが、注入が出来ない」状態を避ける為である。
伊丹・尼崎 アイチ(AICHI)高所作業車販売 ・修理・塗装・車検・レンタル
生駒市・奈良市 トラック・ダンプ買取販売 ・修理・塗装・車検
堺・岸和田・泉佐野 中古ダンプ(極東・新明和)販売 ・修理・塗装・車検
生駒市・奈良市 中古ダンプトラック販売 ・修理・塗装・車検・レンタル
生駒市・奈良市 ダンプ(極東・新明和)販売 ・修理・塗装・車検
羽曳野市・柏原市 トラック販売 ・修理・塗装・車検・板金・整備
堺・岸和田・泉佐野 高所作業車特定自主検査
松原市・大阪狭山市 高所作業車修理
近畿(大阪・兵庫・京都) トラック販売 ・修理・塗装・車検・レンタル
寝屋川・門真・守口 中古散水車販売 ・修理・塗装・車検・レンタル
寝屋川・門真・守口 中古クレーン付トラック(ラジコン)販売 ・修理・塗装・車検
伊丹・尼崎 中古ダンプトラック販売 ・修理・塗装・車検・レンタル

ブレーキフルード交換


現在の自動車・オートバイでは、ブレーキの機械構造として油圧を用いるのが主流であり、その油圧として用いられる油脂をブレーキフルードと呼ぶ。多くの場合植物性油脂で、国産車ではDOT3 DOT4 DOT5と呼ばれる規格の物が用いられる。 ここでは、定期交換時に行われる、いわゆる一般的な「継ぎ足し交換」について紹介するが、もちろん車種等で手順が異なる場合がある。
車体をリフト等で4輪とも完全に浮いた状態に保持し、全タイヤをホイールごと外す。
運転席から最も遠いブレーキ(国産車では左後ろ)のホイールシリンダーに付いているエア抜き用ドレンボルトにタンクの付いた透明なホース(エア抜き用専用工具である)を取り付け、ドレンボルトを緩める。
ブレーキフルードのリザーブタンクが概ね空になるまで、ブレーキペダル(以下ペダルと略す)をポンピングする。(この時、マスターシリンダーに空気が入らない程度までで止める。)
A) 新しいブレーキフルードを適時足す。
B) 抜けたブレーキフルードが新品の色になるまで、再びペダルをポンピングする。
C) ドレンボルトを仮締め、数回ペダルをポンピングした後、踏んだまま保持する。
D) ドレンボルトを緩め、流出してくるブレーキフルードに気泡が無いことを確認し、ドレンボルトを仮締める。
E) C?Dを数回繰り返し、ドレンボルトを確実に締める。
A?Eを、全てのブレーキで繰り返す。
エンジンを始動し、倍力装置が作動した状態で、ペダルの踏みしろ・感触を確認する。
タイヤを取り付け、低速走行でブレーキの利きを確認する。
中古トラック販売 (有)フリーマーケット123
中古バキュイームカー販売 岐阜・滋賀
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 滋賀・岐阜
中古高所作業車販売 岐阜県
中古クレーン(UNIC・TADANO)販売 山梨県
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 山口県
中古クレーン付トラック(ラジコン)販売 東大阪・八尾
中古高所作業車販売 大阪府
中古散水車販売 石川県
中古散水車販売 岐阜県

ボディー


ボディーは、剛性のある丈夫な素材で構成されており、強度を保ちながら操縦性や燃費の点でなるべく軽く作ることが理想的である。ボディーは一般に塗装とコーティングだけで済まされる。[要出典]
素材
骨格部分には、鉄、アルミニウム合金などの金属、あるいはカーボンコンポジットなどの複合材料が用いられる。主要骨格以外のパネル部分などには、合成樹脂が用いられることもある。
構造
現在のところ、エンジンと足回りをしっかり支える台車構造の上にボディーを構成したものと、ボディー全体で構造強度を持たせるモノコック構造とに大別される。台車構造を持つ例としてはトラック、バスなどが挙げられ、一般の乗用車はモノコック構造を持っている。一般の乗用車も第二次大戦前までは台車構造だったが戦後は小型車を中心にモノコック構造へと移行した。しかしアメリカ車など一部の大型車は戦後も長らく台車構造を採用していたが、現在ではリンカーンタウンカーが唯一の台車構造を持つ大型乗用車[2]である。国産車でもトヨタクラウンが9代目のS140型(1991年-1995年)のロイヤルサルーンと1999年の11代目のS170型のトヨタ・クラウンエステートの登場まで8代目130型のままマイナーチェンジしながら併売されていたワゴンモデルまで台車構造を採用していた。
長岡京市・京都市 プレスパッカー販売
京田辺市・城陽市 高所作業車塗装
貝塚市・岸和田市 トラック・ダンプ買取販売 ・修理・塗装・車検
長岡京市・京都市 プレスパッカー塗装
高槻市・茨木市 プレスパッカー修理
香芝市・葛城市 高所作業車整備
五條市・橋本市 Wキャブ(ダブルキャブ)販売 ・修理・塗装・車検
吹田市・豊中市 中古クレーン付トラック(ラジコン)販売 ・修理・塗装・車検
亀岡市・南丹市 トラック・ダンプ買取・販売 ・修理・塗装・車検
長岡京市・京都市 トラック・ダンプ買取販売 ・修理・塗装・車検
香芝市・葛城市 トラック塗装
吹田市・豊中市 アイチ(AICHI)高所作業車販売 ・修理・塗装・車検・レンタル
亀岡市・南丹市 トラック架装

トレーラーの基礎知識

トレーラーについてトレーラーもよく耳にする言葉ですが、どんなトラックの種類を指しているのでしょうか?ここでおさえておきたいのが、トレーラー自体にはエンジンなどは搭載されておらず、トラクタを使って牽引することが必要であるということ。つまり、トラクタとトレーラーが連結することによって1台の大型トラックが完成します。
日本で最も一般的なのは、「セミトレーラー」とよばれるもの。これはあらかじめトラクタと連結することを前提につくられたタイプのトレーラーで、積載スペースの後部に車輪がついています。トラクタと連結していない状態であれば、ほぼコンテナと同じ役割を果たすことになるため、貨物船などへはトレーラーのみを積み込んだ後、トラクタとは切り離されます。
また、何台もの乗用車を運ぶ「キャリアカー」や、コンテナの中で生活ができる「キャンピングカー」などもまたトレーラーの一種です。こちらも、日本ではセミトレーラーとトラクタを連結させて走行するタイプのものが多く見られます。
羽曳野市 冷凍車修理・塗装
枚方市 ダンプ飛散防止装置(コボレーン)修理・架装
寝屋川市 高所作業車修理・架装
四条畷市 軽トラック修理・塗装
近畿 パッカー車販売
松原市 軽トラック修理・塗装
東大阪市 トラック インジェクタ-(燃料噴射装置)修理
神戸市 冷凍車修理・塗装
関西 タダノクレーン修理・塗装・特定自主検査
枚方市 トラック 排ガスマフラー修理
高槻市 アルミバン・ウイング修理・塗装
寝屋川市 トラック車検・塗装
神戸市 Wキャブ(ダブルキャブ)修理・塗装
東大阪市 トラック車検整備
高槻市 ダンプ インジェクタ-(燃料噴射装置)修理
枚方市 Wキャブ(ダブルキャブ)修理・塗装
東大阪市 クレーン付トラック(ラジコン)修理・塗装
近畿 高所作業車 工具箱製作・修理
寝屋川市 プレスパッカー修理・塗装
高槻市 クレーン修理・オイル漏れ・シリンダー修理
枚方市 クレーン修理・オイル漏れ・シリンダー修理
八尾市 トラック車検・塗装
交野市 穴掘建柱車修理・塗装・特定自主検査
東大阪市 橋梁点検車修理・塗装・特定自主検査
豊中市 トラック板金
八尾市 キャリアカー修理・塗装

冷却水交換


現在の多くの市販車では、通常LLCと呼ばれる防錆剤を含む不凍液を注入されているため、交換頻度は低い。ただし、それは定期的交換を否定するものではなく、むしろ防錆剤の効果が切れる頃(3年とも5年とも言われていて、メーカーによって様々であるが)の定期的な交換を必要とするものである。尚、LLCには大別して「赤」と「緑」があり、トヨタでは赤、日産では緑が新車時に注入されている。また外車では「青」もある(補充時には、同色系を補充するとされている)。当然、車種によって構造等の違いから手順は様々であるが、概ね次の通りである。
ラジエターキャップと下部のドレンプラグを外し、中に入っている冷却水を抜く。(温暖時は、冷却水が噴き出すため、ラジエーターキャップの取り外し時に布をかぶせるなどの注意が必要。)
(指定されている車種では)ラジエターホース、ヒーターホース等を外し、溜まっている冷却水を抜く。
清涼な水でラジエター内、シリンダーブロック等を洗浄する。
ホース、ドレンプラグを元に戻し、適正な濃度に調整された不凍液を規定まで入れる。(日本国内の寒冷地仕様では濃度約50%・凍結温度-35℃くらいに調整する。 関東以南では、適切な量水を足し薄めて良い)
エンジンを始動し、ヒーターの調整レバーを最高温度にして、サーモスタットが開いて冷却水が完全に循環するまで、適時冷却水の量を確認しながら暖気する。場合によっては、ラジエター等に風が当たらないように適切な処置をする。
完全に循環し、中の空気が逃げたのを確認してから、冷却水を更にラジエターいっぱいまで足し、ラジエターキャップを閉める。
リザーブタンクの規定量まで冷却水を足す。
京都府 中古ダンプ販売
静岡県 バキュームカー販売
福井県 高所作業車販売
滋賀県 アルミバン販売
徳島県 トラック販売
三重県 中古高所作業車販売
和歌山県 中古ダンプ販売(極東・新明和)
和歌山県 穴掘建柱車販売
京都府 アルミバン販売
福井県 中古クレーン販売(UNIC・TADANO)
神奈川県 中古アルミバン・ウイング販売
三重県 中古ユニッククレーン販売

中古トラック販売 山口県
UNIQLO|ユニクロ
中古クレーン付トラック(ラジコン)販売・車検・修理・塗装 岡山県
トラック・重機の買取査定用紙 TRUCK123
クラッチとオートマチックの基礎知識(MT・AT・スムーサー・セミオートマ)
大阪の心斎橋筋の大丸デパートの写真紹介
ダンプトラックの基礎知識(ダンプの選び方)
中古トラック販売 名古屋
静岡県 中古クレーン販売
おうちでイオン イオンネットスーパー
TRUCK123.google+
沖縄県 中古タダノクレーン販売
日野自動車 トラック塗装
長野県 トラック販売
高品質☆大阪再生レンタル各種トラック、豊富にお取り扱い中です♫ 中古販売
トラック・重機の求車依頼用紙 TRUCK123
激安中古バキュイームカー販売 秋田県
中古クレーン付トラック(ラジコン)販売 長野県
住友重機械工業
中古バキュームカー販売
紀勢本線 串本駅(和歌山県串本町)
近畿高所作業車、一日~レンタル可能(*゚▽゚*)中古トラック販売
建設・土木・建築関連の情報 関西・近畿
中古高所作業車販売 ・レンタル 関西
大阪のヒルトンホテルの写真紹介 Hilton Osaka hotel
忍ケ丘駅(片町線・学研都市線)
炎のADバン ファイヤーパターン サーフィン仕様の写真紹介
ハワイの海と少年の写真、サンセットビーチ、ワイキキ
うどん屋あさひ 寝屋川 大阪グルメ
中古バキュームカー販売 兵庫県